TOP » うさぎの飼い方・しつけ方 » 飼育環境について

飼育環境について

うさぎは犬猫と異なり、ケージ内で飼育されることをまず念頭に置き、飼育場所が屋内か屋外か、また自由行動できる範囲時間を考えましょう。

室内で飼う場合

室内(制限有り)

室内の一定空間をうさぎのために整えるのが、理想的な環境です。

ケージのみではなく、室内の一定空間をうさぎのために整えるというのは、管理面からも理想的な環境といえます。床は、コルクマットなど弾力のあるやわらかい素材とし、牧草を敷き詰めるのもいいでしょう。物陰に隠れることができるような場所も必要です。

室内(制限あり)

室内(制限なし)

自由な反面、様々な病気やケガの原因にもなります。

犬猫のように室内で自由行動できるのは、一見理想的な環境に思われますが、実際にはフローリングの硬い床のせいで、足底潰瘍を起こしたり、誤食、ヤケド、コードを噛んで感電するなど問題点も多くみられます。

室内(制限あり)

室外で飼う場合

室外(ケージ内)

多頭飼育の場合、個々の管理が困難なので、注意が必要です。

学校施設にあるうさぎ小屋などは、通常多頭飼育で自然繁殖の形態をとっていますので、ホルモン異常はあまり観察されませんが、個々の管理が困難で、栄養不良からくる皮膚疾患や気温の変化による体力の低下、様々な食事を与えられる事から胃腸障害が多く、うさぎ同士の闘争による咬傷や骨折などもよくみられます。

室外(ケージ内)

室外(土の上)

うさぎ本来の姿ですが、園芸植物など注意が必要です。

庭の土の上を走り回れる環境は、うさぎ本来の姿といえるかもしれません。しかしもともと粗食に耐えうる体ですので、豊富な野草を食べる事による軟便や鼓張といった胃腸疾患の割合は高いように思われます。

やわらかい土の上は足の皮膚にとっては理想的で、耳道内の汚れや、皮膚の疾患はあまり見られません。小型のうさぎでは猫やカラスに襲われるケースもあり、園芸植物による中毒の可能性もありますので十分な注意が必要です。

室外(土の上)

うさぎと一緒に生活する上での注意点

かじる行為

特に飼い主さんに気を付けていただきたい事は、うさぎのかじる行為です。かじる行為自体はうさぎの本能ですから、止めさせる事は出来ません。したがって、うさぎがかじると危険な物を防ぐ事は飼い主さんの役目です。

■家電製品の電気コード

火災の原因になるほか、感電症をおこし死に至ることもあります。電気コードカバーなどでカバーしておくか、家具の背面などに回しておきます。

■小物など

テーブルの上や、床などに置きっぱなしにしない。特にタバコなどは大変危険です。

■ひも、輪ゴムなどの長いもの

長いひも状のものは体内に入ると、吐き出す事も排泄する事も出来ず大変危険です。

うさぎは骨の弱い動物です

うさぎは意外と骨の弱い生き物です。飼い主さんがだっこしている時に飛び下りたり、ドアに挟まれたりなどで骨折しているケースがよくあります。

だっこしている時やドアの開閉時には注意するなど、常に気をつける必要があります。

骨折について>

ページの先頭へ

うさぎちゃん紹介

山下月ちゃん
山下月ちゃん

うさぎの病院は熊本市にあるうさぎ専門の動物病院です

096-213-7778

〒862-0941
熊本県熊本市中央区出水1丁目9-20
水前寺公園ペットクリニック内
所属 エキゾチックペット研究会

診察時間
曜日 午前 午後
休診 15:00~19:00
9:00~12:00 16:00~19:00
9:00~12:00 16:00~19:00
休診
9:00~12:00 16:00~19:00
9:00~12:00 16:00~19:00
第1・3日 9:00~12:00 休診
第2・4・5日 9:00~12:00 16:00~19:00
休診

アクセスマップ
ラビットフードコンフィデンスプレミアム