TOP » 主な病気やケガ

うさぎの主な病気やケガ

うさぎの病気は分かりにくい

うさぎは犬や猫と違い、生態系の中では弱い立場の動物です。その為、具合が悪くなっても元気な素振りを見せたりするため、飼い主さんの発見が遅れてしまう事がよくあります。

ちょっとした違和感などを感じられたら、すぐに病院にご相談するべきでしょう。

うさぎの病気は分かりにくい

骨折

じっとして、いつまでも動かない・・・

うさぎの骨は大変軽く出来ています。その為でしょうか、うさぎは比較的骨折を起こしやすい動物です。自分で勢いよくジャンプした際に骨折してしまう事も珍しくありません。

また、無理な持ち方をしたために骨折する事や、ドアなどに軽く挟まれた場合にも骨折する事があります。

いつまでも動かないなどの場合には調べる必要があります。

骨折1 骨折2

異常発酵・お腹にガスが溜まる

えさや糞をまったく食べない。又は、便の量が少ない。

うさぎの盲腸の中には微生物(正常細菌など)がおり、腸とのバランスを保ちながら食物を消化しています。ところがこのバランスが崩れると、腸内で消化できない食物や異物が異常発酵を起こしガスがお腹にどんどん溜まっていきます。

えさや糞をまったく食べず、お腹が張っているような気がする時は異常発酵が疑われます。

異常発酵・お腹にガスが溜まる1 異常発酵・お腹にガスが溜まる2

歯の異常-伸びすぎた歯

口周りがよだれだらけで、食欲もない

うさぎの歯は一生伸び続けます。牧草中心の食生活をしていれば、自然と歯もすり減っていきますが、野菜あるいはペレット中心の食生活のうさぎの多くは、歯の噛み合わせが悪くなりやすい傾向にあります。

あごをさわってボコボコした感触があれば、この状態が疑われますので、検査することをおすすめします。

歯の異常1 歯の異常2
ページの先頭へ

うさぎちゃん紹介

藤川ルイちゃん
藤川ルイちゃん

うさぎの病院は熊本市にあるうさぎ専門の動物病院です

096-213-7778

〒862-0941
熊本県熊本市中央区出水1丁目9-20
水前寺公園ペットクリニック内
所属 エキゾチックペット研究会

診察時間
曜日 午前 午後
休診 15:00~19:00
9:00~12:00 16:00~19:00
9:00~12:00 16:00~19:00
休診
9:00~12:00 16:00~19:00
9:00~12:00 16:00~19:00
第1・3日 9:00~12:00 休診
第2・4・5日 9:00~12:00 16:00~19:00
休診

アクセスマップ
ラビットフードコンフィデンスプレミアム