その他の原因による脱毛

時として、思いがけない原因により脱毛を伴う皮膚疾患がみられる場合があります。少例 …

続きを見る

膿瘍

ウサギの膿瘍は緩慢に発達し、無痛性で被包性の膿瘍として進行します。また、膿瘍がみ …

続きを見る

皮膚リンパ腫

ウサギにおいて皮膚リンパ腫は比較的まれな腫瘍であり、犬においてもすべてのリンパ腫 …

続きを見る

腫瘍性・膿瘍性疾患による脱毛

胸腺腫 ウサギの胸腺は成熟後にも残存し、リンバ起源および上皮起源の胸腺腫がみられ …

続きを見る

ノミ

ノミ ウサギに感染するノミは、ネコノミやイヌノミが多いです。 症状は、無症状から …

続きを見る

ハエウジ症

ハエウジ症は、多くは自由生活性のハエ類の偶発的寄生ですが、アメリカではCuter …

続きを見る

疥癬

疥癬 センコウヒゼンダニによる感染が原因となります。近年の発生率は低いです。 病 …

続きを見る

ズツキダニ症

ズツキダニも比較的よくみられる寄生虫疾患です。 ズツキダニ症のみで脱毛がみられる …

続きを見る

外部寄生虫・ツメダニ症

ウサギにおいてもツメダニ症は高頻度でみられ、寄生虫疾患のウサギの約70%がツメダ …

続きを見る

湿性皮膚炎・皮膚糸状菌症

細菌性皮膚炎のなかでも比較的高頻度でみられる疾患で、皮膚が持続的に湿った状態で生 …

続きを見る

1 2