外部寄生虫・ツメダニ症

ウサギにおいてもツメダニ症は高頻度でみられ、寄生虫疾患のウサギの約70%がツメダ …

続きを見る

湿性皮膚炎・皮膚糸状菌症

細菌性皮膚炎のなかでも比較的高頻度でみられる疾患で、皮膚が持続的に湿った状態で生 …

続きを見る

細菌性・真菌性皮膚疾患による脱毛、トレポネーマ症(ウサギ梅毒)

Treponemaparaluiscuniculiの感染が原因です。 本症は生殖 …

続きを見る

換毛

ウサギは通常年1~2回の換毛を行うが、近年では明確な換毛があまりみられず、一年を …

続きを見る

足底皮膚炎

ウサギは犬・猫と違い足底に肉球がなく、その部位の皮膚は非常に薄いために、皮膚炎脱 …

続きを見る

尿やけ

尿道結石による二次性の尿失禁が原因となり、脱毛を含む湿性皮膚炎が生じることがあり …

続きを見る

肉垂

ウサギの雌にみられる特徴的な所見となります。 飲水の際に肉垂が濡れて湿性皮膚炎が …

続きを見る

口腔内疾患

ウサギにおいて好発する歯牙疾患である自歯過長症では、白歯の違和感や柊痛により続発 …

続きを見る

流涙症または涙嚢炎による湿性皮膚炎

流涙症は、過剰な涙液の産生、もしくは鼻涙管の障暑によって引き起こされます。 常に …

続きを見る

【特集】脱毛症を見極める!

ウサギの脱毛は臨床上頻繁に遺遇します。ウサギは身体のほとんどが被毛で覆われており …

続きを見る